帽子、紳士服、革靴、ビジネスシューズ、メンズファッション、スーツなどを取り上げています。

帽子で着こなせ!

帽子は、頭にかぶる形で見に着けるものですよね。
私達が身に着ける帽子は専門店で購入すればファッションアイテムとしての役割も持っていますし、その他には仕事などの業務で帽子をかぶる必要があるような方々も多いと思います。

こうした帽子というのは、ファッションや業務に必要なものばかりではなく、
時にはその他にも、何らかの意味を持たせるためのアイテムとして、古くから着けられてきたものです。アバクロと言うブランドを知っていますか?管理人はアバクロが好きだったのですが(過去形で申し訳ない)通販で買ったアバクロの帽子を被っている時に似合わないと彼女に言われてしまいそれからアバクロの帽子を被らないようにしています。あのときは着こなしがまだまだでしたね。(泣)

このページでは、大まかに、帽子の歴史から、多様化した現代の通販で買える帽子まで、様々な帽子の情報を取り扱って参りたいと思います。

古くからある帽子

帽子というのは古い時代から、世界各地で使われてきたものでした。

「頭に身に着ける装身具」ということであれば、帽子と分類されるものの他にも色々なものがあります。
例えば、帽子ではありませんが、イギリスの議会では長髪のカールが巻かれたカツラのようなものを身に着けたりします。これは伝統を重んじるイギリス議会の慣習という側面もありますが、このように、「頭に身に付ける」というのは、古い時代から、何らかの意味を持たせるということで、とても調べてみると興味深いこととはいえるのではないのでしょうか。

また、日本においても、例えば平安時代に生きた貴族などが着用していたというイメージのつよい「烏帽子」(”えぼし”と読むそうです)や、それより位の高い人が着用していたという「冠」などのように、その人の品格や位を表すアイテムとしても重宝されてきました。

現代の帽子

現代の帽子というのは、主に業務に使用されるもの、儀式などに使用されるもの、そして、ファッションとして使用されるものがあります。

とりわけ、若い人たちを中心にファッションとしての帽子の着用が人気となっており、その帽子の種類も、流行にあわせてその形を変えながら、様々なものがあります。帽子は通販サイトなどでも時代を問わず人気のアイテムのようです。

たとえば、女性達を中心に人気の厚いニット帽や、キャスケット・ワッチキャップなど、様々な種類があります。
こうしたキャップ類は、男女ともによく着用されるものなのですが、管理人の目から見た場合は、どちらかというと、男性がつける帽子は割と落ち着いた色で(黒とかベージュっぽい色とか)、女性が着用する場合には、それに比べて色合いが明るいものも少なくなく、加えてビーズなどといった、細かいアクセサリーなどの装飾などが施されている場合が多いですよね。

また、いわゆる”B系”などのストリートファッションのシーンにおいてイメージが強いのはベースボールキャップ。
こうしたベースボールキャップなどは、つばを前にシッカリとかぶるという、ちゃんとしたかぶり方をするだけではなく、割と多いのは、ルーズにかぶってしまうという方法。
例えば、帽子の”つば”を後ろ向きにしたようなかぶり方や、帽子を浅くかぶるという方法などもあったりします。

こうしたほかにも様々な帽子があるのですが、ファッション性の強い帽子の場合は、そのかぶり方の大抵は、流行にあわせて、その着用の仕方も個人それぞれの感性で、時にはルーズに着用したりといった、着こなし方があるようです。

recommend

サバゲー 関東
http://tokyosabagepark.jp/

2016/4/7 更新